香合制作の様子―陶彫の技法で―

  今日は陶彫という技法を使った香合制作をご紹介します。 まず、原型となる形を作ってそこから石膏で型を取ります。 型は割り型、入れ子になっています。 型に粘土を押し込んで成形します。 すると・・・ ほら、子犬ができました(^_^)v 蓋を開けたところ。キィも同時にきれいに作れます 3つ子に・・・♪♪♪ 素焼(750度)と透明石灰…

続きを読む

オブジェなう

これは何でしょう? 正解は・・・オブジェです。粘土でひねっって今から仕上げです。 模様になる線を彫って色化粧土を埋めます。 それを金属カンナで削って線をはっきり浮き立たせている所です。 象嵌という手法です。 さらに細かい模様を彫って入れていきます。 この器具は洋裁のルレットです。 10月に出品する日展用の作品になる予定です。 本日のおまけ 大きかったなあ…

続きを読む

金色の月

久々に一日中工房で仕事することができました。 あ、正一さんの方は京都文化博物館で開催中の 京都工芸美術作家協会展小品展の会場当番に行っておりましたが・・・ 最近出掛ける用事ばかりで仕事がはかどりません。 (ホントハ仕事シテタイノデス) 今日は一日金彩の仕事をしておりました。 金彩とは本金(純金の粉、キラッ(^O^))に焼成して焼きつくための原料を少量混ぜて 水と膠で溶き、筆で描いて…

続きを読む